会社概要

鋭い感性と企画、開発力でビジネスを拓く

時代を読み、提案する企画力には、鋭い感性が求められます。 そして、具体的に商品にする開発力が必要です。 私たちは「技術で解決できるものは、技術で」という 開発力を生かして、多くのソフト開発を進めてまいりました。
地図システム、各種のデータべースソフトの商品化、 また、日本語解析技術を生かした視覚障害者向けの 各種ソフトは大きな評価をいただいています。 また、点字機器では、中小企業新技術賞を受けるなど 福祉分野でも多くの成果をあげることが出来ました。

この開発力を力いっぱいに生かして、ビジネスに社会に貢献してまいります。
代表取締役 金子秀明

会社名
株式会社日本テレソフト (財団法人VEC認定研究開発型企業)
本 社

〒102-0083
東京都千代田区麹町1-8-1半蔵門MKビル1階
東京本社までの地図 ]
TEL.03-3264-0800
FAX.03-3264-0880

福岡支社

〒810-0001
福岡市中央区天神1-16-1 毎日福岡会館8階
TEL.092-285-1558
FAX.092-285-4123
※商品のご購入につきましては、東京本社までご連絡ください。

熊本支社・研究所

〒861-8039
熊本県熊本市東区長嶺南6丁目7-63
TEL.FAX.096-282-8838

営業時間 午前9時30分~午後6時(土日・祝日、年末年始を除く)
設 立 昭和61年10月
資本金 4,260万円(平成22年6月増資)
代表者 代表取締役 金子秀明
事業内容

パソコンソフト(パッケージ)の開発販売

インターネットの企画運営

福祉機器の開発販売

各種システム機器の開発販売

コンサルテーション(営業支援・ビジネス開発他)

広告、宣伝、イベント企画、出版ほか

通信販売

主な取引先

日本郵政公社

厚生労働省

文部科学省

警察・消防

地方自治体

盲学校

点字図書館

視覚障害者福祉団体

ボランティア団体

NTT

ゼンリン

中日本航空

昭文社

松下電器産業

日本電気

富士通

カシオ情報機器

ほか
政府助成受賞等

「第1回福祉機器実用化開発助成」
(平成5年度・6年度 新エネルギー・産業技術総合開発機構)

「第7回中小企業優秀新技術・新製品賞」
(平成7年4月 あさひ中小企業振興財団、日刊工業新聞社)

「研究開発型企業債務保証」
(平成7年10月 (財)ベンチャーエンタープライズセンター)

「先進技術開発助成/点字FAX」
(平成7年度・8年度 通信・放送機構)

「第2回地域経済賞・ヒューマニティ賞」
(平成9年3月 (財)地域経済研究所)

「先進技術開発助成/視覚聴覚多重障害者用マルチメディア通信・放送システム」
(平成10年度、11年度、12年度 通信・放送機構)

「平成11年度福祉機器実用化開発助成」
(平成11年度、12年度 新エネルギー・産業技術総合開発機構)

「先進技術開発助成/インターネット利用による多言語点字変換システム」
(平成11年度、12年度 通信・放送機構)

TOA「多言語点字システムの開発」研究開発受託
(平成14年度)

東京都中小企業助成事業受託「人材派遣」「販路開拓支援」
(平成14年度)

東京都中小企業支援事業「販路開発」
(平成15年)

東京都ベンチャー技術大賞「特別賞」受賞
(平成15年)

東京都知事表彰-福祉のまちづくり
(平成16年)

イタリア・アッソビ市功労賞
(平成16年)

テクノエイド協会 開発助成「小型点字セル」の開発
(平成18年)

テクノエイド協会 開発助成「携帯型点字ディスプレイ」の開発
(平成19年)

中国・清華大学と点字機器で協力協定を締結
(平成20年)

清華大学の製造「点字ディスプレー・SEKA」の海外独占販売権取得
(平成20年)

経済産業省「もの作り支援」による「ビユーエイド」の開発着手
(平成21年)

厚生労働相「障害者自立支援機器の開発支援」による「新音声コード機器」の商品化に着手
(平成21年)

ページトップへ

Copyright (C) 1986-2017 日本テレソフト All rights reserved.