情報セキュリティ

 情報セキュリティの基本的な考え方

 株式会社日本テレソフトでは、社内規定を遵守し、情報の適正な管理および活用を行っています。社会的責任の重要な側面としての「機密保持」を実践するために、「情報セキュリティ基本方針」を定め、情報セキュリティを推進しています。

 情報セキュリティ基本方針

1. 目的

 当社は、事業の遂行において情報が基礎となること、また、情報の取扱いにおけるリスクを深く認識し、次の事項を目的として情報セキュリティに取り組むことにより、「お客様のかけがえのないパートナーとなり、お取引先と共存共栄の関係を築く」との企業指針を実現し、社会的責任の重要な側面として、行動規範で定める「機密保持」を実践いたします。
(1) 当社は、その事業において、お客様およびお取引先の個人や組織から提供を受けた情報を適切に取り扱い、当該個人および組織の権利および利益を保護します。
(2) 当社は、その事業において、営業秘密、技術情報その他の価値ある情報を適切に取り扱い、日本テレソフトの権利および利益を保護します。
(3) 当社は、その事業において、情報を適切に管理し、製品およびサービスを適時にかつ安定的に提供することによりその社会的機能を維持します。

2. 取組みの原則

 当社は、次の事項を情報セキュリティへの取組みの原則とします。
(1) 取り扱う情報について、機密性、完全性、可用性の維持を情報セキュリティの目的とし、これを達成するための情報セキュリティ対策を立案します。
(2)  情報セキュリティ対策を適切かつ確実に実施するため、体制と責任を明確にします。
(3) 情報セキュリティ対策を適切に実施するため、情報の取扱いに伴うリスクおよび対策のための投資を勘案します。
(4) 情報セキュリティ対策を維持するため、計画、実施、評価および改善の各段階のプロセスを整備し、情報セキュリティの水準を維持・向上させます。
(5) 情報セキュリティ対策を適切かつ確実に実施するため、役員および従業員に対し情報セキュリティに関する啓発と教育を行い、その重要性を認識させ、行動させます。

3. 施策

 上記目的および取組みの原則に基づく情報セキュリティ対策を確実に実施するため、当社は、関連規定を整備し、これを実施します。
 情報セキュリティ関連規定体系

pagetop

Copyright (C) 1986-2017 日本テレソフト All rights reserved.