暴力団等反社会的勢力排除宣言

 株式会社日本テレソフトは、平成19年6月19日犯罪対策閣僚会議幹事会申し合せとしてとりまとめられた「企業が反社的勢力による被害を防止するための指針」に則り、暴力団、暴力団関係企業、又はこれらの密接交際者等の反社会的勢力からの被害防止を図り、企業のコンプライアンス及び社会的責任を果たすために、次の事項を基本方針として、暴力団等反社会的勢力を排除することを宣言します。

1.暴力団等反社会的勢力に対し、商品およびサービスの提供やその他の取引関係を含めて、一切の関係を遮断します。

2.契約書、規約、覚書などへの、暴力団等排除条項を導入します。

3.暴力団追放三ない運動+1(「暴力団を利用しない」、「暴力団を恐れない」、「暴力団に金を出さない」+「暴力団と交際しない」)を実践するため、従業員等への周知教育に努めます。

4.暴力団等反社会的勢力による不当要求に対し、従業員の安全確保に配慮しつつ組織として対応し、迅速な問題解決に対応します。

5.暴力団等反社会勢力による不当要求に対しては、警察、弁護士などの外部専門機関と連携して、民事及び刑事の両面から法的対抗措置を講ずるなど断固たる態度で対応します。

6.暴力団等反社会的勢力排除宣言を社内外へ周知いたします。

平成27年2月27日

株式会社日本テレソフト  
代表取締役 金子 秀明

pagetop

Copyright (C) 1986-2017 日本テレソフト All rights reserved.